明日ママがいない 打ち切り 決定 スポンサー 降板


世間で話題になっている「明日、ママがいない」が芦田愛菜が主演しているのですが、打ち切りになるかもしれません。

「明日、ママがいない」は児童養護施設を題材としたドラマであり、社会問題である親から捨てられた子供を描いたものです。

その中でも、芦田愛菜ちゃんは施設のボス的存在で、結構男前でしっかりしてる、今までには見たことのない役です。

そんななかで、打ち切りの話が出でおります。
確かに、このドラマは社会問題になると思ったが案の定!

【抗議】
第1話の中で施設の代表者に児童たちは「ペットショップのペットと同じだ」と言われるシーンなど、けっこう過激なシーンも出てきました

設定上、芦田愛菜ちゃんは「赤ちゃんポスト」に捨てられ子供なのだが、現実に「赤ちゃんポスト」を運営する慈恵病院から「同じ立場の子どもが傷つくだろ」との反発の声が出ました

養護施設の児童への差別に繋がり、いじめが行われる可能性があるということです。


【スポンサー降板】
第2話の放送で提供の部分が放送されず、AC(公共広告機構)のCMが数回流れたようです

スポンサーが降りたんでしょう。企業のイメージダウンにつながると。
これは、番組を批判しているというか企業のイメージを守るため。
企業としてはやむなしかと。


というかこれはドラマでしょ?

いくらなんでもやり過ぎでは?

もっとひどい設定あるでしょ?

クラスメートで殺し合いする映画だってあるのに・・・

作り話として見れないのかね?

見る側のレベルが低いからこういう問題がおきるんでしょうかね?

良識ある人はこのドラマを見ても何も思わないとおもうが・・・


2014-01-24 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。