-  |  次の3件 »

ももちは國學院大学の学部どこ?

ももちこと嗣永桃子ですが、國學院大学の現役大学生なんですね。
バカっぽいキャラですが、意外にまともな性格なんですね。

学部はどこなんでしょうか?

なんと、学部は人間開発学部の初等教育学科だそうです。
学部名は難しそうですが、ようは先生の卵にがいる学部ですね。


意外!!

というか、ももちみたいな先生おったら、授業にならんでしょ!
いちいち授業始まるまえにイラッとしそうなこと言いそう・・・

國學院大学には、ちゃんと勉強して一般入試で入ったみたいですね。

これまた意外!!

意外に賢いのかも。あのキャラは計算でやってるのかね?
あのキャラで叩かれることも計算のうえで、やってるのかもね・・・

そんなももちですが、國學院大学の学費は自分で払っているとのこと。
アイドル活動しながら、学校もちゃんといってるので、
アルバイトとかできないでしょうから、けっこう生活は苦しいのでは?

大学での目撃情報では、服装はノーブランドであり、いつも同じ服を
きているとか。意外に性格は地味なのかも・・・

ももちの貧乏話では、砂糖水を自家製ジュースにして飲んでたとか・・・

おそらくももちは、根は地味でまじめな性格だけども、売れるための
計算のうえ、あえてあのキャラを装っているのではないかと思う。

今後のキャラ変化にも注目かも・・・


2014-03-06 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐村河内守 本名 高校 小学 両親 同級生の証言




今話題の佐村河内守の昔はどうだったのか?
同級生たちが証言!


佐村河内守氏は、1963年9月21日生まれ。

父・克成さん、母・洋子さんの長男として誕生した。

父は、米等の配達をやっていたそうです。



佐村河内氏が通っていた小学校の同級生が佐村河内氏のエピソードを語る。

まずは、作曲家としてだが、佐村河内氏の家でピアノは見たことないという。

怪獣ごっこ等をする明るい性格の子供だったという。


自伝によれば、4歳で母からピアノの英才教育を受けており、
「赤バイエル」というピアノ教則本でピアノをの上達をしていたそうである。

7歳でベートーベンの「悲愴」を弾くとなっている。

新垣隆氏が記者会見を行ったことで、自伝の内容が嘘であると明らかになった。


出身高校は、崇徳高校商業科にであったが、崇徳高校商業科には
音楽の授業さえないことがわかった。


また、佐村河内氏はバレー部の所属にいたそうである。
その後、英劇部に所属し、役者志望だったそうです。

髪型はリーゼント、映画が好きでセルフタイマーのカメラで着流しのシーンや
プロマイド風の写真を撮っていたことを同級生が証言している。


高校二年生の頃、親戚に石原軍団の小林専務がいて、

石原軍団に入るために家出をしたことがある。

結局、広島駅で取り押さえられて、連れ戻された。

石原軍団を退任している小林元専務からは、親戚にそのような人はいないと否定した。



佐村河内氏は、京都で1〜2年「大部屋役者」をしており、その後東京に進出する。

「速瀬守」という芸名でドラマに出演した経験がある。

1985年に放送されたフジテレビ「月曜ドラマランド」枠の単発ドラマ「まさし君」。

主演は風見しんご、佐村河内氏はチンピラ役で出演していた。

一応は、役者になったが売れなかった。


ロックシンガーとして、1988年5月31日付のスポーツ新聞に載った。

「第2の矢沢永吉 レコード9社で 前代未聞 佐村河内守に“せり”」

渋谷でレコード会社を招待して、「せり」のイベントが行われた。

作曲家の大倉百人氏が、当時佐村河内氏と会っている。

アレンジするから譜面を書いてくるように指示をしたが、

佐村河内氏は譜面が書けないと答え、コード譜でもいいと言われても

書けないと答えていたことを証言している。

佐村河内氏が口ずさんだ音を大倉百人氏が譜面に起こした。

結局、渋谷のイベントから数ヵ月で事務所がクビにした。


佐村河内守氏の本当の姿が明らかになってきた。

嘘を嘘で固めていることで、すべてが崩れていくのである。

真実は、佐村河内守氏と接触していた人たちの証言でみえてしまった。

2014-02-16 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンディ坂野は年収2000万以上!ネタは「ゲッツ!」のみ

2003年に「ゲッツ!」でブレークした、ミスター一発屋芸人のダンディ坂野だが、

どうやらTVにでてなくて財布が寒い思いしているかとおもいきや、

なんと年収は2000万円以上あるらしい!!



収入源はもっぱら全国営業らしい。

お笑い芸人でも大御所となるとなかなか地方の営業にはいかないが、

ダンディ坂野は全国営業にいきまくって稼いでいるらしい。



しかもネタは「ゲッツ!」のみで。



「ゲッツ!」数回言って、1回50万円ほどとるらしい。



1ゲッツ=数万円!



もはや、ゲッツはお金儲けましたと言ってるようにしか見えない。



営業に呼ぶ方もゲッツ聞くだけで数十万もはらうのかね?



地方のデパートや商店街とかからすると、無名な芸人がくるよりも、大しておもしろくもないが、知名度は抜群のダンディ坂野が営業にきた方が集客効果はあるってことなのかね〜



まぁ、TV番組でて大して発言もせず、ちょっとしゃべってすべるくらいなら、地方営業にいって、地方の経済活性化に貢献できているならそれのほうがいいかなとおもってきた。

タグキーワード
2014-02-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。